芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
芸能事務所テアトルアカデミー

テアトルアカデミーは1980年に創設され、30年以上の歴史を持つ芸能総合学院で、俳優やタレントの育成やマネジメントを行う大手芸能事務所として有名です。

これまで芸能界や演劇界で活躍する俳優・タレントを大勢輩出してきた会社です。

近年は特に様々な映画やドラマ、テレビ番組などに、テアトル出身の俳優やタレントがたくさん起用されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。


■ テアトルアカデミーの事業

・芸能界や演劇界で活躍できる俳優・タレントの育成
・厚生労働大臣の許可を受け、所属タレントの出演斡旋
・海外公演やオリジナルの舞台公演を行う劇団の運営
・映画や放送、CMなどの企画制作   など

テアトルアカデミーには、0歳児からの赤ちゃんモデル部、10代~30代が中心の一般部門、さらには40代以上のエイジレスと呼ばれる成人部門などがあります。

所属タレントの年齢層は非常に幅広く、多数の研究生が在籍しています。


■ オーディション募集

◆赤ちゃんモデル部門(0歳~幼児)

芸能界の仕事だけでなく、子育てや子供の能力開発に役立つレッスンを行っています。音感や想像力、集中力を養う知育開発や情操教育のレッスンを行います。

テアトルの赤ちゃんモデル出身タレントとしては、鈴木福くんが特に有名ですね。

赤ちゃんモデル大募集!


◆子ども部門(幼児~中学生)

付属児童劇団「劇団コスモス」に所属します。30年以上に渡り、大勢の子役・子供タレントを輩出してきた実績があります。近年は映画やドラマで主役級を演じるタレントも増えており、芸能界でも注目を集めています。

所属タレントとしては、鈴木福くんや谷花音ちゃんなどがいます。

カワイイ子にはオーディション??


◆成年部門(中学卒業~39歳)

俳優、女優、モデル、歌手、声優、お笑いなど、タレントとしてあらゆるニーズに対応するレッスンを行います。第一線で活躍中の講師陣が指導してくれます。

近年は俳優だけでなく、声優部門でも活躍するタレントが増えています。

【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)


◆シニア部門(40歳以上)

豊かな人生経験を俳優・モデルとして活かすべく、プロの技術を磨きます。かつて芸能界に憧れた方、子育てが終えて何かに挑戦したい方などを新たな人材を募集。

芸能界で活動する知識や技能を、基礎から応用まで幅広くレッスンします。

40歳以上の新人を対象とした「エイジレス部」


テアトルアカデミーは東京に事務所を構え、全国6箇所に展開中です。東京校の他、2009年に大宮校、横浜校、2010年に大阪校、2012年に名古屋校、福岡校が次々と開校し、急激に成長を遂げている芸能事務所です。通信教育制度もあります。

オーディションの参加は無料で、ネットや携帯電話から応募できます。

↓詳しくは下記サイトでご確認ください↓




俳優オーディションに合格するには

「どうすれば俳優のオーディションに合格できるか」

俳優を目指す人にとって、常に気になる疑問だと思います。

しかし、こうすれば俳優オーディションに合格できる、という方法はありません。そんな方法があれば、誰もがオーディションに合格して俳優になれますからね。

ただ、ここではオーディションに合格するには何をすべきか、基本的なポイントを幾つか挙げておきます。


■ しっかり練習する

ぶっつけ本番でオーディションに挑むと、自分の力を100%発揮できない可能性があります。やはり事前にしっかり練習して準備をしておくことが大切ですね。

例えば面接では「自己アピールをしてください」「なぜ俳優になりたいのですか?」という質問がよくされます。質問されそうなことは事前に答えを用意しておきましょう。

また特技や持ち芸など披露するのなら、その練習もしておきましょう。


■ 他人と違うことをする

オーディションに合格するには、他人と違うことをするということが重要です。他人と同じ服装で、同じ喋り方をしては、オーディションで合格できないでしょう。

もちろん、ただ目立てばいいというわけではありません。

自然に振舞いながら、しかし他人と違うということが大切なのです。それが「魅力」というものです。自分の魅力を存分に発揮するためにも、自分のチャームポイントは何か、自分のどこをアピールすれば効果的かを自覚しておくことも大切です。


■ 運

オーディションに合格するもう一つの要素は、運です。

例えばオーディションの時間に遅刻しそうになり、汗ダラダラ、髪ボサボサの状態で会場に飛び込んだら、それが審査員の目には印象的に映って合格ということもあるのです。

実際、オーディションでは、あなたの何が審査員に認められるか分かりません。自分が思っている長所とは、全く違う部分を評価されて採用されることもあるのです。

「どうせ自分では、俳優(女優)になれない」

と勝手に思い込まず、チャレンジすることが大切です。勇気を出して行動すれば、何かの拍子に幸運の女神が舞い降りてくるかもしれません。


■ 礼儀・マナー

芸能界は遊び場ではなく、プロの仕事場です。当然、マナーは必要です。礼儀を知らない人間は芸能人になれませんし、オーディションに合格もしません。

芸能界に入れば、子供や学生であってもプロとして扱われます。そしてプロである以上、礼儀正しく行動する必要があります。

別にサラリーマンのようにビジネスマナーを身につける必要はありません。

基本的には「挨拶をきちんとする」ということを心がければ大丈夫です。オーディション会場でも「おはようございます」「よろしくお願いします」「ありがとうございました」といったことを、はきはきと言うように心がけてください。


■ リラックスする

オーディションでは緊張することもあるはずです。ガチガチに緊張すると、自分の本来の力を発揮できず、思わぬ失敗をすることもあります。

リラックスする方法としては、ストレッチをするなどして軽く体を動かしましょう。全身の筋肉をほぐすことで、不安や緊張を和らげることができます。

また腹式呼吸も効果的です。お腹を膨らませるようにして息を吸い、ゆっくりと吐き出します。それを何度か繰り返せば、気分が楽になるはずです。


■ 積極的にオーディションを受ける

オーディションに合格するために最も大切なことは、積極性です。

オーディションに合格するには、まずオーディションを受けなければなりません。また一度や二度不合格だったからといって簡単に諦めず、何度も挑戦する心意気が大切です。芸能界は狭き門です。とんとん拍子には進みません。

だからこそ簡単に諦めず、転んでも前に向かって進んでください。

夢は向こうから来てはくれません。

自分自身で夢に向かって突き進み、その手で掴み取ってください。

【テアトルアカデミー】新人タレント研究生募集!