芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
俳優や女優、声優、モデル、お笑い芸人etc……芸能界に憧れを持ち、芸能人になりたい、タレントになって活躍したいという人は大勢いらっしゃいます。

芸能界デビューする方法としては、街でスカウトされたり、芸能プロダクションや劇団に直接アプローチしたり、新人発掘のオーディションを受けるなどの方法があります。

大きなオーディションでは応募が殺到するため、合格するのは困難です。また短時間で審査する必要があるため、才能のある人を見落としてしまうことも多いです。

才能があっても、何かの巡り合わせで落ちてしまうことも珍しくありません。

だから一度や二度落ちたぐらいで、簡単に諦めないでください。オーディションの情報を見つけたら、片っ端から受けるぐらいの気持ちを持ってください。

しかし、だからといって何の心構えも準備もせずに受けるのは、あまり利口ではありません。オーディションには合格のコツや方法もあるので、それを知ることも大切です。


■ リラックスしてオーディションに臨む

オーディション会場に入ると緊張して、声が出なかったり、体が思うように動かなかったり、頭が真っ白になってパニクったりすることがあります。

自分をしっかり表現できなければ、オーディションで合格することはできません。

もしオーディション会場で緊張を感じたら、軽くストレッチをして体をほぐしましょう。全身の筋肉を柔らかくすることで、緊張を緩和することができます。

また腹式呼吸も効果的です。お腹を膨らませるように、大きく息を吸い、ゆっくりと吐いていきます。これを何度か繰り返すことで、緊張感を和らげることができます。

オーディションでは「失敗してはいけない」と思うと、緊張します。だから「失敗してもいいから、自分をしっかりと表現しよう」と考えるようにしてください。

オーディションはあなたの可能性を見る場なので、失敗してもいいのです。

失敗を恐れずに、思いきり自分をアピールしてください。


■ オーディションの心構え

芸能人になるためには行動が必要 
オーディションに慣れよう! 
オーディションで夢をつかもう! 
芸能オーディションで合格する方法 
芸能界デビューするための日常の心構え 
オーディションに合格するための心構え 
オーディションを受ける際に気をつけること 
オーディション会場で注意すべきこと 
オーディションでは失敗を引きずらない 

【テアトルアカデミー】新人タレント研究生募集!



オーディションでは、面接や自己PR、演技などを行います。それら全てを完璧にこなすことは、なかなか難しいです。まして緊張していると、思わぬミスもします。

しかし失敗をしたからといって、諦める必要はありません。

最後までくじけずにやり抜くことを心がけてください。


■ 新人オーディションの意義

新人タレントを募集するオーディションでは、審査側も完成度の高い人材を求めていません。もちろん完成度は高いに越したことありませんが、それより重要なのは『可能性』や『将来性』です。

つまり「タレントとしての可能性はあるか」「芸能界でやっていく素質があるか」です。

だから完璧に演じる必要はないのです。たとえ未熟でも素質や可能性を感じさせる子はオーディションに合格します。だからどんどんオーディションを受けてください。

オーディションをたくさん受ければ、きっと誰かがあなたの可能性を評価してくれます。芸能界を目指すなら、何度もオーディションに挑戦することが大切です。


■ 失敗しても諦めない大切さ

よく「失敗しないよう気をつけよう」と心がける人がいます。そうするとミスをした時、動揺して慌てたり、心が折れて諦めてしまいたくなるものです。

むしろオーディションでは「必ずミスが起きる」という心構えを持っておいた方がいいです。最初からミスを覚悟していれば、失敗した時に慌てず柔軟に対処できます。

大切なのはミスをしないことではなく、ミスをどうカバーするかです。

オーディションで失敗しても機転を利かせて上手にごまかすことができれば、審査員の評価も高くなります。失敗した時にどう振る舞うかも、審査員は見ています。


■ ミスをした時の対処法

ミスをした時の基本的な対処法は、立ち止まらないことです。

例えば演技をしていてミスをした時、演技を途中で止めてしまう人がいます。また「もう一度最初からやらせてください」と言う人もいます。これらは禁止です。

ミスをしても、立ち止まらずに続けてください。顔色一つ変えず、強引に押し切ってしまった方がプラスです。大切なのは、最後までやり通すということです。

失敗を挽回する気持ちで、精一杯自分を表現してください。たとえ満足のいく演技ができなくても、悔しそうな顔をして終えてはいけません。必ず笑顔で終えてください。

どんなミスをしても、最後を笑顔で終えれば、好印象を与えます。

新人タレント募集・オーディション情報
オーディションで合格する方法

オーディションに会場に入った瞬間から、審査は始まっています。意外と知らない人も多いですが、受付での言葉づかいや控え室での態度も見られているのです。

オーディションではイマイチだったけど、待ち時間の態度や挨拶の仕方に好感が持てるということで、合格になったという例も少なくありません。芸能界は多くの人と仕事をするので、周囲の人に好感を持たれるというのも実は大きな『武器』なのです。

だから待ち時間の間も「見られている」ことを意識しましょう。


■ オーディションの注意点

・時間厳守。遅刻しない。万一遅れそうな時は、必ず連絡を入れる
・オーディション会場では、必ず携帯電話の電源を切る
・必要のない限り、オーディション会場で電話やメールをしない
・変に飾ったりせず、自分らしさをアピールできるよう心がける
・自分の番が来たら「(名前)です。よろしくお願いします」と笑顔で元気よく挨拶
・話をする時は、はっきりとした口調で、簡潔に分かりやすく述べる
・話す時は相手の目を見る。目をそらしたり、きょろきょろしない

オーディション会場の受付や、オーディションで自分の順番が回ってきた時は、必ず名前を名乗り、挨拶しましょう。これは人間としての基本的なマナーです。

またはなす時は、タメ口厳禁です。必ず敬語を使います。さらに語尾をのばした話し方も禁止です。言葉づかいがきちんとできないと、実力があってもアウトです。


■ 芸能人になるとは

芸能人になるということは、芸能界で働くということであり、社会人になるわけです。

言葉づかいや態度など社会人としての基本的なマナーができない人は、周囲のスタッフに不快感を与えます。そんな人はいくら才能があっても仕事をきちんとこなすことはできませんし、そんな人間をオーディションで合格にすることもありません。

逆に周囲の人に好感を持たれるということは、何よりも優れた才能です。

好感を持たれるには、はきはきと喋り、挨拶をきちんとすることです。オーディション会場では「おはようございます」「よろしくお願いします」「ありがとうございました」「失礼します」など、元気よく挨拶するようにしてください。

演技の勉強も大切ですが、言葉づかいや日頃の態度、マナーにも注意しましょう。

新人タレント募集・オーディション情報
オーディションで合格する方法

オーディションは芸能界に入るメジャーな方法の一つです。

オーディションを受ける人は芸能界に興味があり、芸能人になりたい人ばかりだと思います。しかし中には「なんとなく」「とりあえず」受けてみようという人もいるはず。

それは決して悪いことではありません。

なんとなく・とりあえず受けてみようという人も、その人なりにオーディションに興味があり、好奇心を持って積極的に行動しているからです。それは非常に大切です。

しかしどうせオーディションを受けるなら、自分にできることはきちんとやりましょう。


■ 失礼のないように振る舞う

オーディションで何をするのか知りたい、雰囲気を味わいたい……

そんな軽い気持ちでオーディションを受けるのも、OKだと思います。

しかし「受けに来てやった」というような横柄な態度を取ったり、名前を呼ばれても返事をしなかったり、いい加減な受け答えをしたりするのは相手に失礼です。

堅苦しく考える必要はありませんが、相手に好意を持ってもらえるような態度でのぞみましょう。元気よく、礼儀正しく振る舞っていれば大丈夫です。


■ こんなことはやってはダメ!

・時間に遅刻する
・挨拶できない
・タメ口で話す
・ケータイやメールをする
・姿勢が悪い

オーディションは遊び場ではありません。オーディションの審査員は、仕事として真剣に新人タレントを発掘しようと考えています。

だからいくら学生や未成年者でも、プロの芸能人を目指すなら、社会人のマナーを守る必要があります。時間を守れない人、挨拶ができない人などは論外です。

プロを目指す者として恥ずかしくない振舞いをしましょう。


■ こんなことを心がけよう

・事前に「日時」「場所」「交通機関」を確認し、遅刻をしない
・筆記用具や時計、財布など、出かける前に持ち物をチェック
・出かける時は、時間的に余裕を持って家を出る
・途中で何かあった際に連絡できるよう、担当者や会場の電話番号をメモしておく
・会場に着いたら、携帯電話の電源は切っておく
・自己PRは前もって考えておき、練習しておく

オーディションはあまり難しく考える必要はありません。新人オーディションはあなたの可能性を審査するものなので、必ずしも上手にやる必要はないのです。

肩の力を抜き、自分らしさを表現できるよう心がけましょう。

失敗しても諦めず、最後までしっかりと自分を表現してください。

新人タレント募集・オーディション情報
オーディションで合格する方法

テレビや映画、雑誌などで、大勢の芸能人・タレントが活躍しています。彼らを見て「芸能界に入りたい」「俳優や女優、タレントになりたい」と憧れる人も多いはず。

芸能人になれるのは特別な人……そう思っている人も少なくないでしょう。

しかし実際のところ、彼らは芸能界に入って磨かれたから「特別に見える」だけで、一般の人と大きな違いはありません。唯一違いがあるとしたら、芸能界に入りたいと思い、オーディションを受けるなど具体的な行動を起こしたという点だけなのです。


■ オーディションに挑戦しよう

チャンスは待っていても訪れません。自分の手でつかみ取ってください。

芸能界に入るには、まずオーディションを受けなればいけません。

ただオーディションを受けたからといって、必ずしも芸能界に入れるとは限りません。オーディションには審査があり、選考の過程で落とされる場合もあります。

オーディションに合格するのは難しいと思われるかもしれません。しかしオーディションのコツさえ掴めば、合格は難しくないと言われていることも事実なのです。

ともかく合格するには、オーディションに参加しなければなりません。

なかなか一発で合格するのは難しいかもしれませんので、何度も挑戦してください。諦めずに挑戦し続ける人だけが、夢を掴むことができるのです。


■ オーディションに合格するには

オーディションに合格するには、やはり努力が欠かせません。

しかし、ただ努力をすればいいわけでもありません。どんなことにも「必要な努力」と「無駄な努力」があります。つまり、的外れな努力をしてはいけないということです。

オーディションに合格するには、合格に必要な努力をしなければなりません。

ただ闇雲に演技の練習をするのではなく、効果的に練習をする必要があります。そのためには「オーディションで合格するには何が必要か」を知る必要があります。


■ 行動を起こせば道は開ける

芸能界に憧れていても、最初から諦めている人、迷って行動に移せない人も多いです。しかし立ち止まっているだけでは、夢は遠のいていくばかりです。

不安や迷いがあっても、行動を起こせば自然と道は開けていきます。

オーディションの情報を見つけたら、積極的に挑戦しましょう。失敗してもいいんです。なぜなら失敗も貴重な経験であり、あなたの大切な財産になるのだから。

たくさんの本を読んだり、映画を見たり、様々な場所に出かけるのも必要です。

興味を持ったものにはどんどん触れて、知識や経験を増やしていきましょう。様々な経験があなたを魅力的にし、オーディション合格に近づけてくれるはずです。

【テアトルアカデミー】新人タレント研究生募集!



@オーディション合格の秘けつとは……

オーディション合格メソッド・天翔物語

オーディションに「本気」で合格する方法。

芸能界デビューの秘密を徹底伝授!