芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
オーディションに合格して芸能界デビューを目指す

テレビやCM、映画、雑誌など、様々な場面で芸能タレントが活躍しています。華やかな彼らを見て、芸能界に憧れを持つ人も決して少なくないはずです。

「芸能界にデビューしたい。でも私なんて絶対ムリ」

と諦めている人も少なくなはずです。

芸能界に入れるのは、美男美女の特別な人だけと思ってませんか?

テレビをよく見れば、決してそうではないことが分かるはずです。


■ なんでこんな人が……?

確かに芸能界には、容姿の優れた人が大勢います。しかしそうでない人も多いです。テレビを見ていて「なんでこんな人が芸能界にいるの?」と疑問に思ったことありませんか?

ごく一部の天才を除き、大半の芸能タレントはごく普通の人です。

一般人と何も変わりません。洗練されて見えるのは芸能界の中で磨かれたからであり、デビュー当時の映像を見ると一般人と大差がないことが分かるはずです。

中には明らかに一般人よりも容姿が劣る人も大勢います。


■ 芸能人になるためには

芸能タレントと一般人の大きな違いは、「容姿」や「才能」などではありません。

芸能人になりたいという強い思いを持ち、実際に行動を起こしたかどうかの差です。

大半の人は芸能界に憧れを持っても、具体的な行動を起こしません。ものすごい美人でも芸能界に興味がなければ、タレントになろうとも思わないでしょう。

逆に容姿が優れていなくても、大して才能がなくても、芸能界に入りたいと思って行動を起こした人が、芸能界に入れるのです。そして芸能界に入ればその中で揉まれ、どんどん『芸能人』らしくなっていくのです。

才能や能力なんてものは、後からついてくるものです。

芸能人になるために一番必要なものは、勇気や積極性を持ち、夢を叶えるために行動できるかどうかなのです。


■ 大切なのは行動力

自信がなかったり、不安があったり、迷ったり、最初から諦めたり……そんな人も多いと思います。人間だから不安や迷いがあって当然です。それが普通なのです。

それを乗り越えていけるかどうかが、重要なのです。

夢があるなら、とにかく夢に向かって行動してください。『不完全な今のあなた』でいいのです。どうせ人間は完璧にはなれません。不完全なまま、行動を起こしてください。行動を起こせば不安や迷いは消え、道は開け、今よりも成長できるはずです。

夢を掴むには、夢に向かってまず一歩を踏み出すこと。

オーディションが、夢への第一歩になるはずです。

テレビ・映画・歌手・CM・舞台etc…オーディション無料


芸能人になる方法

芸能人になりたい人にとって気になるのは、芸能人になる方法にはどんなものがあるのかということでしょう。芸能人になる方法として、主に次のものがあります。

1、出演者オーディションを受ける
2、劇団・タレント養成所に入る
3、芸能プロダクションに応募する
4、ワークショップを受ける
5、スカウトされる
  など


■ まずは芸能事務所や劇団に入所を

1の出演者オーディションとは、映画やドラマの出演者を決めるオーディションです。ただこれは一般の人がいきなり受けても合格する可能性は低いです。

個人の才能だけでなく、事務所の力も影響してくるからです。そのため芸能人になるには、どこかの芸能事務所に所属する必要があります。

というわけで、芸能人になる一番オーソドックスな方法は、2と3あたりです。

芸能プロダクションや劇団に入る際にもオーディションがあります。大抵は「書類選考」「面接」「実技」の3つの審査が行われます。

5のスカウトは例外的なものなので、期待しない方がいいでしょう。


■ オーディションについて

1、書類選考

近年はインターネットからエントリーシートに必要事項を記入して、応募できます。もちろん従来通り郵送で応募することも可能です(この場合は切手代が必要)。

就職活動のようなガチガチの固い文章を書く必要はありますが、ふざけていると解釈されそうな内容は不採用になるので注意してください。

芸能人は遊びではなく、プロの仕事だと心得て書類を作成しましょう。

2、面接

面接で何を問われるかは、主催者によって異なります。ただ就職活動の試験と同様、定番質問があるのでその答えは前もって用意しておきましょう。

「なぜ芸能界を目指すのですか?」
「芸能界に入ってどんなことがしたいですか?
「自己アピールをしてください」  etc

3、実技

事前にテーマが知らされている場合と即興でやる場合があります。

これは完成度の高さを審査するというよりも、「可能性」「将来性」を審査します。恥ずかしがらずに、とにかく思いきりやることが大切です。

恥ずかしくて嫌だ・・・という方は、あまり芸能人に向いていないかもしれません。人前で芸を行うのが芸能人だからです。自分の魅力を存分にアピールしてください。


■ 行動力が夢を叶える!

この他にも芸能人になる方法は、いろいろあります。俳優、女優、声優、モデル、歌手、お笑い芸人といった職業によっても、アプローチ方法は違ってきます。

また芸能人になる方法として、インターネットを利用するという手もあります。

近年はネット上でアイドルやタレントを育てるサービスも行われています。芸能人になりたい人は、このようなサービスを利用して自分をアピールするのもいいでしょう。

本当に芸能人になりたいのなら、待っているだけではいけません。積極的に行動を起こし、自分からチャンスを掴みに行きましょう。

芸能界のみならず、夢を実現するのは行動力のある人間なのです。


■ 【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)

・30年の実績を持つテアトルアカデミーのタレントオーディション
・募集ジャンルは、俳優・歌手・モデル・声優・お笑いなど
・募集年齢は0歳~40歳以上。新人タレントを幅広く募集
・出演の斡旋業務では、厚生労働大臣の許可を受けているので安心
・在学中もテレビやCM、映画への出演が斡旋され、出演料も出ます





■ プロフェッショナル講師によるセミナー「オープンカレッジ」スタート

・CMなどで有名なヒューマンアカデミーの芸能人養成スクール
・俳優やタレント、声優、お笑い芸人を養成する講座があります
・マネジメントサポート制度で卒業後もサポートしてくれます
・30社以上の大手芸能プロダクション参加のオーディションも実施
・詳しい内容は無料の資料請求でご確認いただけます



芸能界に入るには

芸能界に憧れている人、芸能界を目指している人にとって、芸能人になるにはどんな方法があるか気になるところです。芸能界に入るには、次の方法があります。

1、オーディションを受ける
2、劇団・タレント養成所に入る
3、スカウトされる
4、コネや紹介


本気で芸能界に入るためには、1や2が基本です。

はっきり言ってスカウトされるのを待っても無駄です。あなたが「絶世の美男子」「絶世の美少女」「凄まじく個性的な人間」でもなければ、街でスカウトされることはありません。

また世の中には悪質スカウトも大勢いるので、声をかけられても安易に名前や住所などの個人情報を提供するのは、非常に危険です。よほどの注意が必要です。

コネや紹介にしても「親戚が芸能事務所の社長」とか「テレビ局のプロデューサー」といった特別な繋がりがないと、簡単に芸能界に入ることはできません。

本気で芸能界を目指すなら、オーディションを受けるなり、劇団やタレント養成所に入るなり、といった道を選んだ方がいいでしょう。


■ オーディションから芸能界に入る

オーディションには映画やドラマの出演者を募集するオーディションがありますが、これは事務所の後ろ盾がないと非常に難しいです。そのためまずは芸能事務所(芸能プロダクション)に入ることを考えた方がいいです。

事務所に入る際にも、オーディションが行われます。

内容は各事務所によって異なりますが、「書類選考」「面接」「実技審査」が一般的です。将来性や可能性を審査するので、演技や技能が未熟でも問題ありません。

夢を実現するために、積極的にオーディションを受けてください。

もちろんオーディションは簡単なものではありません。何度も落選するはずです。それでも繰り返し挑戦できる人が、芸能界に入ることができるのです。

くじけず、あきらめずに、ぜひ夢をその手につかんでください。


■ 芸能界に入る方法


【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)

・テアトルアカデミーは30年の実績を持つ総合芸能プロダクション
・0歳~40歳以上まで多数の研究生が在籍し、芸能界で活躍中
・募集ジャンルは、俳優・歌手・モデル・声優・お笑い芸人など
・出演の斡旋では厚生労働大臣の許可を受けているので信頼感あり
・在学中もテレビやCM、映画への出演が斡旋され、出演料も出ます





プロフェッショナル講師によるセミナー「オープンカレッジ」スタート

・CMなどで有名なヒューマンアカデミーの芸能人養成スクール
・俳優やタレント、声優、お笑い芸人を養成する講座があります
・30社以上の大手芸能プロダクション参加のオーディションも実施
・松竹芸能、人力舎、サンミュージックなど大手芸能事務所が協力
・まずは資料請求を → ヒューマンアカデミー



芸能人になるには/オーディション

芸能人になるには劇団やプロダクションに所属したり、スカウトされたり、様々な方法がありますが、芸能人になる最も基本的な方法としてオーディションがあります。

オーディションから芸能界デビューしたタレントは、非常に多いです。

そのため芸能人になるには、オーディションを受けるのが一番可能性があります。


■ 人前で芸を披露できるか

芸人、歌手、役者、モデル・・・芸能界の職業は全て「人前で芸を披露する」仕事です。人前で何かをやるのは恥ずかしいという人は、芸能人に不向きです。

オーディションを受けるのが「恥ずかしい」「怖い」「嫌だ」という人も、芸能界には適していないでしょう。芸能人になれば勝手に仕事が回ってくるわけではありません。何度もオーディションを受けて、自分で仕事を掴んでいかなければならないのです。

だから芸能人になりたい人は、ぜひオーディションを受けてください。

もちろん最初は不安だし、緊張もするでしょう。人間なのだから当然です。大切なことは、その緊張や不安を乗り越えて、一歩を踏み出せるかどうかです。

前に向かって進める人だけが、夢を掴めるのです。


■ 少しでも早く行動を起こそう

「自分はまだそんなレベルじゃない」「まだ実力がなくて自信がない」と言い訳して、オーディションのチャンスがあっても見送ってばかりいる人が多いです。

ですがこんなことでは、永遠に芸能界に入ることはできません。

じっとしていてもレベルはアップしません。自宅で一人でレッスンしても、実力は上がりません。世の中には本気で芸能界を目指し、行動している人が大勢います。

芸能人になるには、少しでも早く行動を起こすことが大切です。積極的にオーディションを受けて経験を積むことが、芸能界に入る近道と言えるでしょう。


■ オーディションにどんどん参加する

オーディションがどんなものか、どれくらい緊張するか、自分の力をどれくらい出せるか試してやろう、というぐらいの気持ちで積極的にオーディションを受けましょう。

何より重要なのは、オーディションに慣れることです。

現在芸能界で活躍しているタレントも、過去には何度もオーディションで落とされています。だから結果を恐れることはありません。たとえ不合格だったとしても、「経験値を上げた」と前向きに捉えて次のオーディションに挑戦しましょう。

何度もオーディションを受けているうちに、必ずチャンスが巡ってきます。

【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)





芸能人・タレントのオーディション

企業に就職したりアルバイトで働いたりする際に面接を受けるように、芸能人やタレントになるにはオーディションを受ける必要があります。

もちろん街でスカウトされて芸能デビューする人もいますが、それはほんの一握りの人達だけです。一般的にはオーディションを受けて芸能界に入ります。


■ オーディションの種類

芸能界のオーディションには、大きく次の2種類に分けられます。

・入所オーディション……芸能事務所や劇団が新人タレントを募集
・出演者オーディション……映画やドラマ、劇の出演者を募集

通常、出演者オーディションは芸能事務所や劇団を通して告知されるので、芸能事務所に所属していないと受けることはできません。

そのためまずは芸能事務所や劇団が実施する入所オーディションを受けましょう。


■ オーディションの流れ

オーディションで何をやるかは各主催者によって異なります。ただ一般的に、

・1次審査……書類選考
・2次審査……面接

という形態になります。

オーディションによっては2次審査で実技や特技を披露することもあります。何かアピールできるものを持っていると、オーディションでは有利になるでしょう。

実技などでは完成度を見るのではなく、「個性」「可能性」を審査します。未熟でも構いません。照れずに自信を持ってアピールした方が、好結果につながります。


■ 熱意とやる気をアピール

芸能人・タレントになれば、常に人前で「何か」をしなければなりません。たかがオーディションぐらいでビクビクせず、勇気を持って挑戦してください。

決して上手に行う必要はありません。審査員は熱意ややる気を見ています。「芸能人になりたい」という強い気持ちをアピールするようにしてください。

オーディションで好印象を与えるポイントは、実技や面接でミスをしても謝ったり慌てたりしないこと。ヘマをするとすぐ謝る人がいますが、謝ってはいけません。

審査員は「失敗をした時にどう立て直すか」「どうごまかすか」という部分も見ています。ミスをしても平然とした表情で、堂々と振る舞ってください。


■ 挑戦することが大切

オーディションでどんなことをするのか分からない……

という人は、一度オーディションを受けてみましょう。いくら本やインターネットを調べても、実際に経験してみないことには分からないものです。

仮にそのオーディションの結果がダメだったとしても、オーディションがどういうものでどんなことをするのかが分かれば、次から対策を立てることができます。

あれこれ悩むよりも、実際に行動した方が遥かに近道です。

どうせ芸能人・タレントになれば、人前で演技をしたり芸をしたりすることになります。今のうちにオーディションをたくさん受けて慣れておくと、将来の財産になります。

オーディションをどんどん受けて、ぜひ夢をつかんでください。

【テアトルアカデミー】新人タレント研究生募集!