芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になるには、芸能界を目指すには日々精進し、自分を磨くことも大切です。

自分磨きでは、大きなことや難しいことをやる必要はありません。

自分磨きで大切なことは、継続することです。

どんなにささやかなことでも、毎日続けるというのは非常に大変です。途中で面倒臭くなったり飽きたりして、投げ出してしまいがちです。

しかしそれを乗り越えて続けることで、より魅力的な自分作りができます。芸能界に入るという夢を叶えるためにも、毎日コツコツと自分磨きを行ってください。


■ 自分磨きのコツ

自分磨きで大切なことは、「続ける」ことだと述べました。

しかし自分磨きというのは、短期間で目に見えて結果が出ることが少ないので、モチベーションの維持が大変です。毎日努力しているのに、自分が全然変わってないように感じると、やる気がなくなってしまうのです。

しかし自分では分からなくても、毎日努力を続ければ変化は起きているのです。自分を信じて、毎日自分磨きの努力を行ってください。

もしくじけそうになったら、芸能界で活躍する自分の姿をイメージしましょう。夢や目標をしっかり持ち続ければ、辛いことも乗り越えていけるはずです。

夢に向かって自分磨きを行ってください。


■ 魅力的な外見を作る

魅力をアップさせる意識改革
鏡で自分をチェックして美しく(カッコよく)なる
常に人の目を意識する
一つ一つの動作を意識しよう
客観的な評価も重要
自分を褒めて自分磨き

■ 努力と才能について

芸能人の才能とは「努力」のこと
継続は力なり
諦めない気持ちが大切
プロ意識が芸能人の才能を育てる
オーディションは自信を持って挑む
努力が結果を生む

■ 芸能界を目指す心構え

オーディションでは態度やマナーは重要
タレントになるには可愛いだけではダメ
芸能界に入りたい・タレントになりたい
芸能界を目指すには一歩ずつ進んでいこう
芸能人になるには、諦めないこと
プラス思考の訓練を
早い段階から準備を

無料オーディションで才能発掘!



テレビや舞台で活躍する俳優や女優、アイドル、歌手、タレントに憧れる人は多い。そして華やかな芸能界を夢見た経験は、きっと誰にでもあると思います。

しかしどうすれば芸能界に入れるのか、知らない人もいるでしょう。

本気で芸能界を目指すなら、どんな方法があるかを知っておくことも大切です。


■ オーディションという道

芸能界に入るための一つの方法として、オーディションがあります。

「オーディションで合格するには、どうすればいいのか?」
「芸能界で活躍するには、どんな才能が必要なのか?」
「芸能界を目指すにあたって、どんな努力が必要なのか?」

それらを理解し、能力を身につけていくためには、時間がかかります。

芸能人になりたいという夢を持っているのなら、今日からでも行動してください。


■ 行動を起こそう

本気で芸能界を目指すなら、早い段階から行動を起こしてください。

若いうちから演技や歌唱の練習をしておいた方が、オーディションでは圧倒的に有利です。全く同じ能力なら、1歳でも若い方が審査では有利になる傾向があります。

言い換えれば、時間が経てば経つほど不利になっていくというわけです。

多少荒削りでも、早い段階からどんどんオーディションにチャレンジした方がいいでしょう。本気で芸能界を目指すなら、今すぐにでも行動を起こしてください。


■ スムーズに行くとは限らない

オーディションを受けて一発合格し、芸能プロダクションに所属して、すぐに仕事がもらえて気がつくと人気タレント――なんてことは、まずありません。

芸能界は狭き門です。きっと挫折の連続でしょう。

今日から行動を始めても、テレビに出演するのは10年後、20年後になることもあります。スムーズに芸能界デビューできることなど滅多にないので、ぐずぐずしていたらどんどん年を取ることになってしまいます。

夢を実現するためにも、今日からでも行動を起こしてください。

テアトルアカデミーのオーディション

芸能界を目指すことに関してだけでなく、人生全般においてプラス思考は大切です。世の中で成功を収める大半の人は、プラス思考の持ち主とも言われます。

前向きな考え方は、あなたを成功に導く鍵なのです。

性格的にどうしてもマイナス思考になってしまう人もいますが、そういう人は意識的にプラス思考をするよう取り組んでみてください。

自分の考え方を変えることで、人生が大きく変わることもあります。


■ 失敗した時に、自分の本質が問われる

失敗のない人生なんてあり得ないし、失敗しない人もいません。

誰だって失敗はしたくありませんが、あまり「失敗をしないようにしよう」と思いすぎるのは、よくありません。

「人生に失敗はつきものだ」とある程度開き直る気持ちを持ちましょう。

またヘマをやった時に「自分はなんてダメな人間なんだ」と落ち込むのか、「同じ失敗を繰り返さないように頑張ろう」と努力するのかで、後の結果が大きく変わります。

うまくいかない時、苦しい時にこそ、前を向くことが大切です。


■ プラス思考を心がける

すぐに落ち込んだり、くよくよしたりする人は、プラス思考の習慣を身に付けましょう。その人の性格なので改善するのは大変ですが、普段から意識してプラス思考を心掛けてください。前向きに考えることで、人生は大きく変わってきます。

特に芸能界を目指す人には、プラス思考は必要ですね。

なかなかプラス思考になれない人は、自分の勉強机などに『プラス思考!』と書いた紙でも貼っておくといいでしょう。落ち込んだ時にそれを見て、意識的に前向きな考え方をするよう訓練してみてください。

そのうち自然と何事にもプラス思考になれるはずです。

■ レッスンの一つだと思う

嫌なことや辛いこと、落ち込んだことも、レッスンの一つだと考えましょう。

役者を目指す人なら演技に渋味が増すでしょうし、お笑い芸人を目指す人なら、笑いのネタにできます。声優なら感情表現に幅ができるでしょう。

どんなこともタレントになるための貴重な経験と考えましょう。

これもまたプラス思考の一つです。

物事がうまくいかなかったり、努力したのに結果が出なかったら、誰だって自分が嫌になります。自暴自棄になって全てを投げ出したいと思ってしまうでしょう。

しかし芸能界に入りたいという夢を持ったのなら、簡単に諦めないでください。

芸能人になることは決して簡単なことではありません。狭き門だからこそ、簡単に諦めず、努力を続けた人間だけが、夢を掴むことができるのです。


■ 全てがうまくいく人生なんてない

全てがうまくいく人生なんてありません。他人の人生がトントン拍子にいっているように見えても、それはその人が努力して数々の失敗を乗り越えているからです。

現在テレビや映画で活躍している芸能タレントも、同様です。

彼らは諦めなかったからこそ、華やかな世界で活躍しているのです。


■ 諦めたら終わり

諦めたら、そこで終わってしまうのです。

言い換えれば、失敗しても諦めなければ終わりではないのです。

オーディションに何度落ちても、挫けずにチャレンジを続けてください。諦めない限り夢が潰れることはありませんし、諦めなければ成功するチャンスは必ずあります。

夢を叶える一番のコツは、諦めないことです。


■ 夢があることは素敵なこと

世の中には「自分が何をやりたいか分からない」「何をやって生きればいいか分からない」という人が大勢います。やりたいことが見つからず悩んでいる人が多いです。

「芸能界に入って人気者になりたい」
「芸能人になりたい。タレントになりたい」

という夢を持っている人は素晴らしいし、素敵なことでもあります。

ぜひその夢を実現するために、行動してください。


■ 夢を掴むために

行動すれば思わぬ道が開けることもあります。

人生、何が起きるか分かりません。

何もしなければ何も起きませんが、夢に向かって行動すれば、自分でも想像しなかったほどの高みにたどりつくことがあります。

芸能界を目指すなら、まずは積極的にオーディションに挑んでください。

タレントオーディション募集

芸能界は、努力すれば必ず成功する、という世界ではありません。

どんなに頑張っても、うまくいかないことがあります。それだけに焦ったり不安になったりすることもあるでしょう。諦めたくなることもあるかもしれません。

そんな時こそ、一歩ずつ進んでいく気持ちを忘れないでください。


■ 欠点がたくさんあっても構わない

誰だって自分の欠点が気になり、自分自身が嫌になることがあります。

しかし、欠点がたくさんあってもいいのです。完璧な人間なんて存在しません。欠点もまたあなたの個性であり、魅力でもあるのです。自分の欠点を活かす方法を考えてみてください。あるいは欠点を一つずつ改善していってください。

大切なのは、自分はダメな人間だ、と勝手に決めつけないことです。

体型が太っていることで悩んでいた人が、「デブキャラ」として芸能界で活躍することもあります。人生では欠点が武器になることもあるのです。


■ ダメなら改善すればいい

もし自分はダメな人間だと思うなら、それを改めればいいわけです。

「自分のどこがダメなのか?」
「ダメな部分をどう改善すればいいのか?」
「ダメな部分をどう活かすか」

ということを考えてみてください。

頭の中で考えてもイマイチはっきりしないと思うので、自分のダメな部分をノートに書き出してみるといいでしょう。そしてそれを改善する方法を考えてください。

自分の欠点を自覚できるということは、いいことです。なぜなら自分の欠点を自覚できれば、それを改善することができるわけですから。


■ 一度にたくさんやろうと思わない

あれをしなきゃいけない、これもしなきゃいけない、では気持ちが潰れます。

やることが多くて挫けそうになったり、自分を見失いそうになったら、立ち止まってみるのもいいですね。いっぺんにやろうと思わず、一つずつ片付けてください。

どんなに望んでも人は空を飛べません。一歩ずつ歩いていきましょう。

一日一歩でも、千日続ければ、千歩先まで進むことができるのです。