芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
芸能オーディションで合格するための方法を紹介します。

芸能界に入るには、オーディションに合格しなければなりません。オーディションに合格するには、幾つかコツがあるので、それを知ることも大切です。

応募書類(エントリーシート)の書き方や、応募写真の撮り方、自己PRの方法や、演技をする際の注意点など、ライバルと実力が拮抗していれば、ほんのちょっとしたことが合否を分けることになります。

つまらないことで失点しないよう、細部まで注意を払ってください。

オーディションに合格することは、決して簡単なことではありません。しかし諦めないでください。努力し、行動すれば、道は開けてきます。

自分の力を信じて、夢に向かって突き進んでください。


自信を持って挑む

目線の動きに気をつけよう
どこに目線を向けるかも重要
オーディションでは態度も重要

最後のシメが合否を分ける

オーディションではラストが大事
ミスや失敗をしても諦めない
オーディションの緊張感に備えよう
オーディションを受ける際のポイント

自己PRについて

オーディションの自己PR
自己PRの例
自己PRの悪い例
自分らしさをアピールしよう

審査員の立場に立ってみよう

オーディションで求められる人材
無名・新人であることはチャンス
本物のお馬鹿ではダメ
カメラ映えする人がいい
客を呼べるタレントになれるか
一生懸命な人、謙虚な人を使いたい
効果のない自己PRはやめよう
オーディションに「本気で」合格する方法

【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)



オーディションを受けるためには、オーディションの募集サイトなどから応募し、必要書類(もしくはエントリーシート)を送る必要があります。

その際、応募書類の作成方法には、幾つかルールがあります。

そのルールをきちんと守って応募することが大切です。

芸能界に入りたいという夢を持ち、毎日レッスンを受けてきたのに、応募書類の作成がいい加減だったために選考に落とされてはもったいないですからね。

そこでオーディションを受ける際のポイントを幾つか紹介します。


1、履歴書(オーディション用紙)の書き方

・志望理由や自己PRは明確に!

なぜそのオーディションに応募したのか、また芸能界を目指す目的は何なのか、なぜタレントになりたいのか、といった志望動機をきちんとアピールしましょう。そして「主催者が何を求めているか」を考えて、志望動機を書くことが大切です。

また自己PRでは、「がんばります」「やる気はあります」といった言葉は、あまり好ましくありません。もっと具体的に、あなたの熱意や魅力が伝わる表現を用いるように心掛けましょう。

・履歴書よりもオーディション用紙を用いる

書類の規定がなければ、オーディション用紙で応募する方がいいでしょう。この用紙には、『芸歴』や『志望ジャンル』、『好きな芸能人』、『好きなTV、映画』といった項目があるので、“あなた”というキャラクターをより明確に主催者に伝えることができるはずです。

オーディション用紙は『月刊デ・ビュー(De-View)』の付録や、インターネットのダウンロードで入手できます。


2、応募用写真について

・きちんとした写真を撮影する

ピンボケ、プリクラ、友達と一緒に写っている、といった写真は×です。オーディション用のきちんとした写真を撮るようにしましょう。また、以下のものもタブーです。

 ○ピースサインをしている。
 ○ヘンな顔をしている。
 ○暗い部屋で撮影している。
 ○目線がカメラに向いていない。目が髪に隠れている。
 ○3ヶ月以上、昔の写真。

・写真撮影する際のポイント

 ○晴れた日に撮影する(が、少し曇っている方がキレイに撮れる)。
 ○背景がすっきりした場所で撮影する→背後に車・自転車が写っているのは×!
 ○ぱっちりとした目で写る。
 ○体のラインが分かる服で撮影する。
 ○全身写真と上半身(バストアップ)写真は、違う服、違う場所で撮る。

*また写真の裏には名前を書いて、オーディション用紙に貼るようにしましょう。


3、オーディション情報を正確に掴む

オーディションの開催地、募集内容、応募〆切などが変更される場合もあります。応募する際には雑誌で確かめたり主催者に問い合わせるなどして、チェックしましょう。
またオーディションによっては、合格後にお金を請求されるケースもあります。募集内容だけでなく、合格後のことに関しても確認しておく必要があります。


【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)




一生懸命な人、謙虚な人が求められるのは一般社会も芸能界も同様です。

オーディションの審査では、自信を持って臨むことが大切ですが、審査員に傲慢な印象を与えると逆効果です。「ひたむきな姿勢」「謙虚な態度」を心掛けてください。


■ テレビの印象を勘違いしてはいけない

テレビ画面の中では横柄で偉そうなタレントも、カメラが止まると意外と謙虚で低姿勢だったりします。そういうタレントは、スタッフからも愛されます。

逆に態度が大きくて身勝手なタレントは、スタッフから嫌われます。そういう人は、どんなに人気があっても徐々に仕事を減らしていくものなのです。

制作側も身勝手なタレントより謙虚なタレントと仕事がしたいのは当然ですね。


■ 本物のお馬鹿に芸能人は務まらない

また「お馬鹿タレント」や「天然ボケ」のタレントもいますが、本物のおバカではタレントは務まりません。彼らは自分のキャラを出すために、いかにボケるか、馬鹿っぽく見せるかを常に研究して努力しているのです。

仕事である以上、本物のお馬鹿では使い物にならないということです。

芸能界を目指すなら、努力と謙虚さを常に心掛けてください。


■ やる気ならだれにも負けない?

オーディションの面接などで「やる気なら誰にも負けません」とアピールする人がいます。そんなにやる気があるのなら、芸能界に入るために日々どんな努力をしていますか? やる気があるのなら、当然何か特別な努力をしているはずです。

何の努力もしていないのなら、それはやる気がないということです。

やる気があることをアピールするなら、普段どんな努力をしているのかを具体的に述べる必要があります。

「一生懸命頑張ります!」というアピールも同様です。普段、一生懸命どんな努力をしていますか? 普段、一生懸命努力できない人は、芸能界に入ったところで一生懸命頑張ることなどできません。

オーディションは口先だけでなく、具体的な行動でアピールしてください。

【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)
テレビやドラマ、映画、CM、雑誌・・・様々な媒体で多くの芸能人が活躍しています。華やかなタレント達に憧れて、「自分も芸能界に入りたい」「タレントになってみんなに注目されたい」と夢を抱いている人も少なくないでしょう。

芸能界に入るいちばん基本的な方法は、オーディションを受けることです。オーディションは芸能界に入れる一番確率の高い道でもあります。

といってもオーディションに合格することは、決して簡単ではありません。

オーディションに合格するには、一体どうすればいいのでしょうか?


■ 日々の努力が大切

芸能界に入りたいと思っているだけでは、絶対に入れません。

夢を叶えるために行動し、努力していく必要があります。

芸能界に入るためには、演技の練習だけでなく、読解力の習得、体力をつけたり、自己PRの方法を考えたり、やるべきことはたくさんあります。

一度に多くのことをやるのは大変なので、一つ一つ順番にクリアしていきましょう。自分なりに計画を立てて実行する自己プロデュース能力も要求されます。


■ 諦めない

「どうせ俺はカッコよくないし」「私、そんなに可愛くないし」

と諦めてしまってはいけません。

芸能界に入るのに容姿は確かに重要な要素ですが、芸能界で活躍している人はみんな美男美女というわけではありません。容姿というのはあくまでも一つの要素であって、芸能界に入る絶対条件ではないのです。

生まれ持ったものは変えられませんが、努力で変えられることはたくさんあります。努力して埋められるもの、身につけられることも多いです。

芸能界に入りたいという夢があるのなら、簡単に諦めないでください。


■ とにかくオーディションを受ける

オーディションに合格するには、とにかくたくさんのオーディションを受けることです。家で一人で練習を続けているだけでは、実力は絶対に上がりません。

なぜなら、それでは「努力の方向性」が見えないからです。

無駄な努力をしても、いい結果は出ません。

だからまずオーディションという実戦を経験してください。実際のオーディションを受けることで、「自分には何が足りないのか」「どんな能力を身につけるべきか」が見えてきます。つまり努力の方向性が見えてくるわけです。

またたくさんのオーディションを受けることでオーディションに慣れ、経験値も上がります。それだけ合格に近づくという効果もあります。

芸能オーディション情報


■ オーディションに「本気」で合格する方法

オーディションに合格して芸能デビュー

憧れるけど、オーディションのことなんて何も知らない。

それに、どうせ私なんて無理だろうし……

そう考えている人も少なくないと思います。

『オーディションに「本気で」合格する方法』では、オーディション合格にまつわる秘密、オーディションの真実、他では語られることのない内緒話を教えてくれます。

オーディションに合格するのには、秘密があります。

本気でオーディションへの挑戦を考えている方は、必見です。

オーディションに「本気」で合格する方法。

役者にしろアイドルにしろ、芸能界でタレント活動を行いたいなら、やはりカメラ映えするか否かは重要です。当然オーディションの審査対象になります。

芸能界を目指すなら、日頃から「どうすればカメラ映えするか」の研究は大切です。表情やポーズ、身体の角度などを試行錯誤し、どうすれば自分が最も見栄え良くなるかを調べてみましょう。

たくさん写真を撮って分析できれば理想ですね。


■ カメラ映えするには

持って生まれた容姿というものが、影響することは事実です。しかし芸能界で活躍するタレントが全員、美男美女と言うわけではありませんね。

美形でなくても、カメラ映えする役者やタレントは数多くいます。

カメラを意識した表情や動きができるか――これが非常に重要なのです。

そのためにもカメラ撮影に慣れることが大切です。普段からたくさん撮影してカメラに慣れていけば、自然と撮影時にポーズや表情を作れるようになります。


■ オーディションでも問われる能力

実際、カメラテストを行うオーディションも少なくありません。カメラで表情や演技を収録するわけです。常にカメラを意識した表情や演技を心がけましょう。

鏡の前で練習するという方法もありますが、鏡でも見え方とカメラ写りは微妙に異なります。鏡での見え方は三次元的ですが、カメラは二次元だからです。

だから実際にカメラで撮影して研究するのが一番です。


@カメラの注意点

例えばカメラで撮影すると、実際よりも太って見えることがあります。

映像というものは二次元なので、奥行きがなくなるからです。ですからカメラ映えするためにも、日頃からスタイルには注意しておきたいですね。

カメラ映えする演技を磨くことも大切です。

【テアトルアカデミー】新人タレント研究生募集!