芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
俳優になるには芸能事務所に入る

プロの俳優になるには、芸能事務所(プロダクション)に所属する必要があります。芸能事務所に入ることが、俳優になるための第一歩なのです。

というのも芸能界の仕事は、芸能事務所を通して行われることが大半だからです。そのためどこかの事務所に所属しないと、俳優の仕事を得ることができません。

芸能事務所に入る方法はそれぞれのプロダクションによって異なりますが、一般的な方法は事務所が開催するオーディションを受けることです。

大きな事務所では新人タレントの養成所を運営しているところもあります。


■ 大きな芸能事務所

どうせ所属するなら大きな芸能事務所がいい! という人も多いと思います。

確かに大手のプロダクションだと芸能界における影響力が強かったり、その事務所が関わっている映画作品や芝居もあるので、活躍の場は多いです。

一方で大手の事務所は狭き門で簡単には入所できないし、また内部でもライバルが多くてなかなか目をかけてもらえないという難しさもあります。

大手の芸能事務所だから必ずしもいいというわけではありません。


■ 小さな芸能事務所

小さなプロダクションでは所属タレントが少ないので、仲間同士のつながりが強く、中には一つの家族のような雰囲気を持つ事務所も少なくありません。

タレント数が少ないので、しっかりと教育してもらえるという利点があります。

またマイナーな作品や脇役などを演じる機会もあるため、独自の演技力を磨く場としても適していると言えます。一方で芸能界における影響力が小さいため、仕事が得にくかったり、宣伝・広報能力が弱いといった弱点もあります。


■ どの事務所がいいか?

どの芸能事務所がいいかは一概に言い切れません。大手で埋もれてしまう人もいれば、小さな事務所からのし上がっていく人もいます。

Aさんには適した事務所でも、Bさんの肌には合わないということもあります。

憧れの俳優や、現在活躍中のアイドルがいる事務所に入りたいと思う人もいるかもしれませんが、その事務所があなたにとって良い事務所かどうかは分かりません。

大きな事務所に入ったのに数年後に傾くこともあれば、小さな事務所が大躍進して大手になることもあります。将来のことは誰にも分からないものです。

このあたりは運や不運が大きく影響する部分かもしれません。

そのため芸能事務所の規模や知名度で判断するのではなく、「その芸能事務所が自分に合っているか」で判断した方がいいでしょう。


■ 考えるよりも行動を

どれが自分向きの芸能事務所か外から分からない以上、中に飛び込んでみるしかありません。

あまり深く考えずに、ぱっと目についた芸能プロダクションのオーディションを受けてみるのもいいですね。そこから輝かしい道が伸びている可能性も十分あるのです。

大切なことは、勇気を持って第一歩を踏み出すことです。

積極的にオーディションを受け、夢を現実に変えてください。

テレビ・映画・歌手・CM・舞台etc…オーディション無料


俳優になる方法

俳優になる方法はオーディションを受けたりプロダクションに入るなど、幾つかあります。なぜ俳優になりたいかという動機によっても、俳優になる方法は変わってきます。俳優になりたい理由には、以下のようなものがあるでしょう。

○俳優という仕事に憧れている
○テレビに出たい。有名になりたい
○尊敬する俳優がいる
○好きな監督、劇団、演出家などがいる

ではそれぞれの動機から、俳優になる方法を見ていきたいと思います。


■テレビに出たい。俳優という仕事に憧れている人

・プロダクションに入る
・劇団の養成所に入る
・演劇の専門学校や大学の演劇科などを受験する

俳優になる方法としては一番オーソドックスで、一番確率の高い方法です。

プロダクションや劇団に入るにはオーディションを受けるのが一般的なので、気になる事務所や劇団があるならオーディション情報を調べてみましょう。

俳優になりたい人は、まずこの方法を選ぶのが無難でしょう。


■尊敬する俳優や、好きな監督、劇団、演出家がいる人

・自分の好きな劇団、好きな俳優や演出家が所属するプロダクションに入る
・演出家が実施する出演者オーディションを受ける
・自分の尊敬する俳優の付き人になる

俳優になるにはオーディションを受けて芸能プロダクションに所属するというのが、よく知られた方法です。他にも劇団に入って俳優を目指す方法もあります。

また俳優になる方法には、ワークショップに参加するという方法もあります。ワークショップとは俳優を目指す人達が集まって行う演技の勉強会のことです。

ただワークショップは双方向な集まりなので、一方的に教えてもらうことはできません。参加するには自身も俳優のスキルが要求されます。


■ 他の職業から転身

俳優になる方法としては、他の職業から転身するという道もあります。

例えばお笑い芸人から俳優になる人も大勢いますし、モデルや歌手から役者になる人もいます。一流の俳優に弟子入りし、身の回りの世話をしながら役者の勉強をし、プロデビューする人もいます。俳優になる方法は様々あります。

俳優になるのに学歴も資格も必要ないので、「俺は役者だ」と名乗ってしまえば今日からでも俳優になることは可能です。しかしそれだけでは仕事は回ってきません。

やはり芸能事務所や劇団に所属するのが、俳優になる一番確実な方法です。


■ 楽をして俳優になる方法はない

俳優になるにはどの方法が楽か、ということは考えない方がいいです。なぜ俳優になりたいのか、どんな俳優になりたいのかを考え、進むべき道を見つけてください。

「俳優になるには、どうすればいいのか分からない」
「俳優になりたいけど、何をすればいいか分からない」

という人は、一度芸能オーディションを受けてみるのもいいでしょう。オーディションを受けることで、見えない何かが見えるかもしれません。

とにかく大切なことは、行動することです。

最初の一歩を踏み出すことは勇気のいることですが、夢を叶えるには必要です。また最初の一歩さえ踏み出せれば、二歩目、三歩目は簡単に進めるはずです。

夢は前に進むことで掴み取れます。

俳優を目指して、ぜひ第一歩を踏み出してください。


【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)


・テアトルアカデミーは100期を超える伝統と実績を誇る総合芸能学院
・0歳~40歳以上の方まで、幅広い人材を募集
・所属タレントは映画、ドラマ、バラエティなど芸能界で数多く活躍
・出演の斡旋業務では、厚生労働大臣の許可を受けているので安心
・募集ジャンルは、テレビ、映画、歌手、声優、モデル、お笑い、etc




俳優になるには

俳優になるには、一体どうすればいいのでしょう?

俳優になるためには、やはり芝居が好きでなければなりません。

「自分に才能はあるのでしょうか?」

と質問をする人もいますが、才能の有無は誰にも分かりません。人に答えを求めるのではなく、自分で努力して答えを見つけていくことが大切です。

では俳優になるには、どんな資質が必要なのでしょうか。


■ 感受性豊かな心

俳優になるには、やはり演技力が欠かせません。

俳優は感情や情動をカメラの前や舞台で表現しなければなりません。鈍感な心の持ち主では、俳優になれません。俳優になるには、心の動きが敏感であること。

俳優を目指す人には、感受性豊かな心が不可欠です。


■ 想像力と創造力

俳優は人を演じる仕事です。人を演じるためには、想像力が欠かせません。

俳優になるには他人の気持ちが理解できる想像力が必要です。

さらに、見る、聞く、匂う、味わう、触れるといった感覚をも想像し、それを自分の肉体や表情を使って創造(表現)していくことが俳優なのです。


■ 客観的な視点

俳優になるには、自分本位の価値観だけでなく、他者の視点で物事を見ることも重要です。俳優は様々な役を演じなければいけません。客観的な視点がなければ俳優にはなれません。俳優を目指す人は、他社の視点で物を見る訓練もしましょう。


■ 健康であること

俳優業だけでなく、タレント業その他の仕事においても、やはり健康は大切です。また頑丈なだけでなく、繊細であることも俳優になるためには重要な要素です。

俳優になるには日頃からトレーニングを行い、体を鍛えることも大切です。


■ 頭がいいこと

勉強はできなくてもいいですが、馬鹿では俳優にはなれません。

プロの俳優になるためには、監督や脚本家が何を求めているのかを敏感に察知し、その要求に応える必要があります。また脚本を読んで状況を理解する読解力も俳優には必要です。

だから俳優は馬鹿では務まりません。ただし役者馬鹿はOK。


■ 行動力

俳優になるために一番必要な資質です。実力や才能よりも、行動力が重要。

行動できない人は夢を実現できません。本気で俳優になるためには、積極的にオーディションに参加してください。行動することで道は開けるのです。


俳優は特殊な職業です。俳優業だけでなく、夢を追う人は様々なことで悩んだり、壁にぶち当たったりするでしょう。思い通りの「答え」が見つからず、苦しんで、時には自分が嫌になることもあるはずです。だけど、それでいいのです。

「大切なのは、答えを求めることではない。常に問いかけ続けること」です

本気で俳優を目指すなら、芸能事務所や劇団に入って活動することです。各事務所や劇団では入所オーディションも行っているので、挑戦してみるといいでしょう。

俳優になるという夢を掴むためにも、前に向かって進んでください。

【テアトルアカデミー】新人タレント研究生募集!





俳優オーディションに合格するには

「どうすれば俳優のオーディションに合格できるか」

俳優を目指す人にとって、常に気になる疑問だと思います。

しかし、こうすれば俳優オーディションに合格できる、という方法はありません。そんな方法があれば、誰もがオーディションに合格して俳優になれますからね。

ただ、ここではオーディションに合格するには何をすべきか、基本的なポイントを幾つか挙げておきます。


■ しっかり練習する

ぶっつけ本番でオーディションに挑むと、自分の力を100%発揮できない可能性があります。やはり事前にしっかり練習して準備をしておくことが大切ですね。

例えば面接では「自己アピールをしてください」「なぜ俳優になりたいのですか?」という質問がよくされます。質問されそうなことは事前に答えを用意しておきましょう。

また特技や持ち芸など披露するのなら、その練習もしておきましょう。


■ 他人と違うことをする

オーディションに合格するには、他人と違うことをするということが重要です。他人と同じ服装で、同じ喋り方をしては、オーディションで合格できないでしょう。

もちろん、ただ目立てばいいというわけではありません。

自然に振舞いながら、しかし他人と違うということが大切なのです。それが「魅力」というものです。自分の魅力を存分に発揮するためにも、自分のチャームポイントは何か、自分のどこをアピールすれば効果的かを自覚しておくことも大切です。


■ 運

オーディションに合格するもう一つの要素は、運です。

例えばオーディションの時間に遅刻しそうになり、汗ダラダラ、髪ボサボサの状態で会場に飛び込んだら、それが審査員の目には印象的に映って合格ということもあるのです。

実際、オーディションでは、あなたの何が審査員に認められるか分かりません。自分が思っている長所とは、全く違う部分を評価されて採用されることもあるのです。

「どうせ自分では、俳優(女優)になれない」

と勝手に思い込まず、チャレンジすることが大切です。勇気を出して行動すれば、何かの拍子に幸運の女神が舞い降りてくるかもしれません。


■ 礼儀・マナー

芸能界は遊び場ではなく、プロの仕事場です。当然、マナーは必要です。礼儀を知らない人間は芸能人になれませんし、オーディションに合格もしません。

芸能界に入れば、子供や学生であってもプロとして扱われます。そしてプロである以上、礼儀正しく行動する必要があります。

別にサラリーマンのようにビジネスマナーを身につける必要はありません。

基本的には「挨拶をきちんとする」ということを心がければ大丈夫です。オーディション会場でも「おはようございます」「よろしくお願いします」「ありがとうございました」といったことを、はきはきと言うように心がけてください。


■ リラックスする

オーディションでは緊張することもあるはずです。ガチガチに緊張すると、自分の本来の力を発揮できず、思わぬ失敗をすることもあります。

リラックスする方法としては、ストレッチをするなどして軽く体を動かしましょう。全身の筋肉をほぐすことで、不安や緊張を和らげることができます。

また腹式呼吸も効果的です。お腹を膨らませるようにして息を吸い、ゆっくりと吐き出します。それを何度か繰り返せば、気分が楽になるはずです。


■ 積極的にオーディションを受ける

オーディションに合格するために最も大切なことは、積極性です。

オーディションに合格するには、まずオーディションを受けなければなりません。また一度や二度不合格だったからといって簡単に諦めず、何度も挑戦する心意気が大切です。芸能界は狭き門です。とんとん拍子には進みません。

だからこそ簡単に諦めず、転んでも前に向かって進んでください。

夢は向こうから来てはくれません。

自分自身で夢に向かって突き進み、その手で掴み取ってください。

【テアトルアカデミー】新人タレント研究生募集!





俳優になるためには

俳優とは映画やドラマ、テレビ、演劇などで台本に沿って役を演じる職業です。

俳優の仕事は演技力だけでなく、集客力(人気)・存在感が要求されます。一見簡単そうな仕事ですが、「役を演じる」というのは、とても大変な仕事です。

それでは俳優になるには、どうすればいいのでしょう。


■ 俳優になるには

俳優を目指している人の中には、俳優になるには何が必要で、俳優になるにはどんな勉強をし、どうすれば俳優になれるのかを知りたい方も多いと思います。

俳優になるためにはやはり、どこかの芸能事務所や劇団に所属する必要があります。事務所や劇団に入所することが、プロの俳優になる第一歩です。

もちろん俳優になることは決して簡単なことではありません。しかし諦めずに努力すればきっと夢は叶います。大切なことは諦めないことと、行動力です。俳優になるためには、オーディションを受けて合格する必要があります。

出来るだけたくさんのオーディションに挑戦してください。

以下に俳優になる方法をまとめてみました。


■ 俳優になりたい人へ

俳優になるには
俳優になる方法
俳優という職業について
俳優の仕事
俳優業の魅力とやりがい

■ 俳優になるには何が必要か

俳優になるには芸能事務所に入る
俳優になるのに必要な能力と適性
演技の研究をしよう
映画やドラマを見よう
カメラを意識した演技を
場面をイメージした演技を
照れ・羞恥心をなくす
他人に見てもらおう

■ 俳優オーディションについて

俳優オーディションについて
俳優オーディションでは何を審査するの?
俳優オーディションで合格するには

■ 劇団・スクールから俳優を目指す

劇団に所属して役者を目指す その1
劇団に所属して役者を目指す その2
劇団に所属して役者を目指す その3
ヒューマンの俳優・タレント養成講座


【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)

・テアトルアカデミーは100期を超える伝統と実績を誇る総合芸能学院
・0歳~40歳以上の方まで、幅広い人材を募集
・所属タレントは映画、ドラマ、バラエティなど芸能界で数多く活躍
・出演の斡旋業務では、厚生労働大臣の許可を受けているので安心
・募集ジャンルは、テレビ、映画、歌手、声優、モデル、お笑い、etc