芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
芸能人・タレントになるには

憧れの芸能界。映画、テレビ、雑誌、音楽の世界で活躍したい。
そんな夢を持っていても、どうやって芸能界に入ればいいか分からない……

芸能界に入る・タレントになる方法は、幾つかあります。

1、オーディションを受ける
2、コンテストを受ける
3、スカウトされる
4、劇団・タレント養成所に入る
5、プロダクションに応募する
6、ワークショップを受ける

芸能界に入る方法、タレントになる方法は、他にも様々あります。俳優、歌手、お笑い芸人、モデルといった職業によって、アプローチの方法も変わってきます。

ただ本気で芸能人になりたいのなら、スカウトされるのを待っていてはいけません。オーディションやコンテストを受け、自分からチャンスを掴みに行くべきです。

勇気を持って第一歩を踏み出すことで、道は開けていきます。


■ 芸能オーディションを受けよう!

また芸能界には、ジャニーズ事務所や吉本興業、エイベックスのような芸能プロダクションが多数存在します。雑誌やインターネットなどで新人募集やオーディションをしているので、タレントになりたいという人は問い合わせてみるのもいいでしょう。

芸能界は華やかなだけではありません。辛いことや不本意なこともあるでしょう。

楽しいことは、誰だって続けることができます。辛いことに耐え続けることができるか。夢を叶えるには、それが問われます。

夢を夢のまま終わらせず、その手で掴み取ってください!

当サイトが、少しでもその手助けになればと思います。


【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)


・30年の実績を誇るテアトルアカデミーが、タレントオーディションを実施
・0歳の赤ちゃんから幼児、10、20代、40歳以上と幅広く新人を募集
・募集ジャンルは、俳優・歌手・モデル・声優・お笑い、タレントなど
・在学中もテレビやCM、映画への出演が斡旋され、出演料も出ます
・出演の斡旋業務では、厚生労働大臣の許可を受けているので安心




芸能界でタレントデビューする方法

テレビや雑誌を見て「芸能界に入りたい」「タレントになりたい」という夢を描いている人も少なくないと思います。でも「芸能界に入るにはどうすればいいんだろ?」「タレントになるにはどうすればいいのかしら?」と疑問を抱いている人も多いでしょう。

芸能界でタレントデビューする方法としては、次のようなものがあります。


1、オーディション、コンテストを受ける

街でスカウトされるのを待っているだけではダメです。チャンスは自分から掴みにいかなければなりません。オーディションやコンテストの募集があれば、それに応募してみるのもいいでしょう。芸能界に入るきっかけになるかもしれません。

2、プロダクションに応募

ジャニーズ事務所やホリプロ、エイベックス(avex)、吉本興業など多くの芸能プロダクションが存在します。大手の芸能事務所もあれば、小さな芸能事務所もあり、俳優、音楽、お笑いと分野も多岐に分かれています。

自分に合ったプロダクションを選び、募集の広告などをチェックして履歴書を送ってみましょう。東京、大阪、名古屋といった都市でオーディションを開催している場合もあるので、電話で問い合わせてみるのも一つの方法です。

3、劇団・タレント養成所に入る

これはプロダクションとは別物です。タレントになるための専門学校のようなもので、レッスンなどを行って芸能関係の勉強をする場です。ですから劇団に入ったからタレントの仕事がもらえる、というわけではありません。しかし専門の勉強を積むことで芸能界への道が開ける可能性はあります。(劇団四季、劇団ひまわり、など)

4、スカウト

街中でスカウトマンに声をかけられて……というパターンです。中には怪しい勧誘もあるため注意しなければなりませんが、実際にこの方法でアイドルとしてデビューした人も多く存在します。スカウトされるためには、外出する際には常に身だしなみに注意を払うことが大切です。

5、その他

イベントのコンパニオンやレースクイーンから、芸能界に入った人も何人かいます。また雑誌などの読者モデルに応募してみるのもいいかもしれません。誰かの目に留まり、タレントデビューのチャンスが転がり込んでくることも考えられます。

芸能界に入ったタレントデビューすることは、決して簡単なことではありません。

しかし諦めてしまったら、そこでおしまいです。

夢を掴むには、夢に向かって突き進む勇気と積極性、行動力が不可欠です。まずはオーディションを受けて、夢の実現に一歩を踏み出してください。


【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)


■ 芸能プロダクションについて

多種多様な芸能プロダクション
 芸能界に入るには、まず芸能プロダクションに所属する必要がある。

芸能プロダクションに応募
 芸能プロダクションがどんな方法で新人タレントを発掘しているかを知ろう。

芸能プロダクション選び その1
 大規模プロダクションと小規模プロダクションの有利・不利

芸能プロダクション選び その2
 人気のある芸能プロダクションなら、安心?


■ タレント養成所・芸能スクール

タレントになるには
 タレントになるには? タレントになる方法とは?

タレント養成所や芸能スクールから芸能界を目指す
 タレント養成所や芸能スクールから芸能界入りした俳優やタレントも多いゾ。

タレント養成所・芸能スクールの選び方
 タレント養成所・芸能スクールの選び方のポイント。

タレント養成所・芸能スクールに通う
 タレント養成所・芸能スクールに通うには……


■ オーディションについて

オーディションに受かる人とは? その1
 どんな人がオーディションに受かるの? どうすればオーディションに受かるの?

オーディションに受かる人とは? その2
 オーディションでは、美人&イケメンがやっぱり有利?

オーディションに受かる人とは? その3
 オーディションに受かるための、ものすごい「何か」を持っているか。


■ オーディション攻略

タレント・オーディション攻略 ~履歴書の書き方~
 オーディションの一時選考に通過するための履歴書の書き方。

タレント・オーディション攻略 ~応募用写真の注意点~
 オーディション用の応募写真を撮るコツとは?


【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)





@オーディション応募用写真の注意点

オーディションに応募する場合には、あなたの写真を同封します。
応募写真を撮影する際の注意点には、次のようなものがあります。


■ オーディション応募写真を撮るコツ

・写真は上半身(バストアップ)と全身の2種類(*応募規定による)
・上記2種類の写真は、異なる場所で撮影した方がいい
・撮影日は晴れた日を選ぶ(薄曇りの方がキレイに撮れる)
・活き活きとした目で写るよう心掛ける
・身体のラインが分かる服を着る(ノースリーブ&ミニスカなど)
・背景がスッキリした場所で撮影すると、あなたの姿が際立つ
・いろいろな場所でたくさん撮影し、いいものを選びましょう


■ 以下のような写真はNGです

・ピンボケ写真(顔がはっきり分からないと審査できません)
・プリクラ写真(社会常識というものをわきまえてくださいね)
・友達が一緒に写っている写真(審査員の目が友達に向いてしまう)
・ピースしている写真(オーディションではピース写真は原則NG)
・昔の写真(写真は3ヶ月以内のものを選んでください)
・暗い場所で撮影した写真(審査員に暗い印象を与えてしまいます)
・目が死んでいる、目が髪に隠れている、目線がカメラを向いてない写真
・背景に通行人、自転車、車が写っている写真(あなたの印象が薄れる)

芸能オーディション情報

@オーディションを受ける際の履歴書の書き方

通常、タレントオーディションの一時審査は、書類選考になります。
履歴書の内容から、あなたのタレントとしての適性を見極めるわけです。

また履歴書は、面接など二次選考以降の資料としても活用されます。


■ オーディション用紙(専用の履歴書)を使用する

オーディションに応募する際には、就職活動やアルバイトの応募で使う一般的な履歴書ではなく、専用のオーディション用紙を用いるようにしましょう。

オーディション用紙には、身長や3サイズやレッスン経験、好きなテレビ・芸能人などを書き込む項目があり、あなたを効果的にアピールできます。

オーディション用紙は、オーディション情報誌、主催サイト、その他インターネット上からダウンロードすることができます。


■ 自己PR・志望動機を明確に

志望理由を書く際には、以下の点に留意して書くようにしてください。

・なぜ芸能人になりたいのか。芸能界に入って何がしたいのか。
・なぜこのオーディションに応募したのか(選んだ理由)。


◆好ましくない表現

・「一生懸命がんばります」
・「やる気は十分にあります」
・「自分がどこまでやれるか試してみたい」

上記のような表現は平凡で曖昧すぎて、主催者に何の印象も与えません。
あなたの熱意が伝わるよう、具体的に表現するようにしてください。

また独りよがりの志望理由にならないためには、募集要項をよく読み「主催者側がどんな人材を求めているか」を考えて書くことが大切です。

【テアトルアカデミー】新人タレント研究生募集!