芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
目指せ芸能界☆タレント・オーディション情報

芸能界。それは夢の世界です。このサイトを訪れた人の中には、テレビや音楽、映画の世界で活躍する芸能人に憧れ、現在タレントを目指している人もいらっしゃるかもしれません。

一言で芸能人と言っても、たくさんの職業があります。
芸能界の主な職業として、以下のようなものがあります。

・俳優  ・女優  ・アイドル ・歌手
・お笑いタレント  ・モデル  ・声優   など

当サイトでは、芸能界に憧れる人達のために、タレントになる方法や新人オーディションの情報などを提供します。夢を、夢のまま終わらせないでください。人生は小さなきっかけで大きく飛躍することがあります。このサイトが、小さなきっかけになれば幸いです。

30年の信頼と実績を誇るテアトルアカデミーでは、タレントオーディションを実施しています。
 募集ジャンルは、テレビ・映画・モデル・歌手・声優・お笑い・舞台など
タレントになるには、オーディションをたくさん受けることが大切です。

オーディションを受けて芸能界デビューしたタレントは非常に多く、そのためオーディションは芸能界に入るオーソドックスな方法と言えます。

タレントになりたい人は、勇気を出して積極的にオーディションを受けましょう。


■ 年齢を重ねればそれだけ不利になる

タレントになるには、やはり若いうちから行動した方が絶対に有利です。

まだ自信がない、実力がないと言って、オーディションのチャンスがあっても受けない人が非常に多いです。しかし年齢を重ねれば、どんどん不利になっていきます。

タレントになるには、少しでも早く行動を起こした方がいいでしょう。オーディションを積極的にたくさん受けて経験を積むことが、芸能界に入るコツでもあります。


■ オーディションに慣れよう

初めてオーディションを受ける時は、緊張して十分に自分を表現できません。しかし審査員は「あの子は緊張していたからオマケをしてあげよう」などとは考えません。

そのためオーディションに慣れておくことは、非常に重要です。

オーディションの情報を見つけたら、あまり興味がなくても積極的に受けましょう。オーディションをたくさん受ければ、自信がつき、コツも掴めてきます。

何度もオーディションを受けていれば、きっと夢は叶うはずです。

【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)





芸能人になるには/オーディション

芸能人になるには劇団やプロダクションに所属したり、スカウトされたり、様々な方法がありますが、芸能人になる最も基本的な方法としてオーディションがあります。

オーディションから芸能界デビューしたタレントは、非常に多いです。

そのため芸能人になるには、オーディションを受けるのが一番可能性があります。


■ 人前で芸を披露できるか

芸人、歌手、役者、モデル・・・芸能界の職業は全て「人前で芸を披露する」仕事です。人前で何かをやるのは恥ずかしいという人は、芸能人に不向きです。

オーディションを受けるのが「恥ずかしい」「怖い」「嫌だ」という人も、芸能界には適していないでしょう。芸能人になれば勝手に仕事が回ってくるわけではありません。何度もオーディションを受けて、自分で仕事を掴んでいかなければならないのです。

だから芸能人になりたい人は、ぜひオーディションを受けてください。

もちろん最初は不安だし、緊張もするでしょう。人間なのだから当然です。大切なことは、その緊張や不安を乗り越えて、一歩を踏み出せるかどうかです。

前に向かって進める人だけが、夢を掴めるのです。


■ 少しでも早く行動を起こそう

「自分はまだそんなレベルじゃない」「まだ実力がなくて自信がない」と言い訳して、オーディションのチャンスがあっても見送ってばかりいる人が多いです。

ですがこんなことでは、永遠に芸能界に入ることはできません。

じっとしていてもレベルはアップしません。自宅で一人でレッスンしても、実力は上がりません。世の中には本気で芸能界を目指し、行動している人が大勢います。

芸能人になるには、少しでも早く行動を起こすことが大切です。積極的にオーディションを受けて経験を積むことが、芸能界に入る近道と言えるでしょう。


■ オーディションにどんどん参加する

オーディションがどんなものか、どれくらい緊張するか、自分の力をどれくらい出せるか試してやろう、というぐらいの気持ちで積極的にオーディションを受けましょう。

何より重要なのは、オーディションに慣れることです。

現在芸能界で活躍しているタレントも、過去には何度もオーディションで落とされています。だから結果を恐れることはありません。たとえ不合格だったとしても、「経験値を上げた」と前向きに捉えて次のオーディションに挑戦しましょう。

何度もオーディションを受けているうちに、必ずチャンスが巡ってきます。

【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)