芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
目指せ芸能界☆タレント・オーディション情報

芸能界。それは夢の世界です。このサイトを訪れた人の中には、テレビや音楽、映画の世界で活躍する芸能人に憧れ、現在タレントを目指している人もいらっしゃるかもしれません。

一言で芸能人と言っても、たくさんの職業があります。
芸能界の主な職業として、以下のようなものがあります。

・俳優  ・女優  ・アイドル ・歌手
・お笑いタレント  ・モデル  ・声優   など

当サイトでは、芸能界に憧れる人達のために、タレントになる方法や新人オーディションの情報などを提供します。夢を、夢のまま終わらせないでください。人生は小さなきっかけで大きく飛躍することがあります。このサイトが、小さなきっかけになれば幸いです。

30年の信頼と実績を誇るテアトルアカデミーでは、タレントオーディションを実施しています。
 募集ジャンルは、テレビ・映画・モデル・歌手・声優・お笑い・舞台など
俳優オーディション募集

俳優になるには、俳優オーディションを受けるという方法があります。

俳優オーディションには「舞台出演者オーディション」「映像出演者オーディション」の他、芸能プロダクションや劇団が実施する「入所オーディション」があります。

俳優を目指している人は、積極的にオーディションに挑戦しましょう!


■ 俳優オーディションの審査

俳優オーディションでは、次のことを一般的に審査します。

◎セリフ

事前に課題のセリフを教えてもらえる場合と、その場で教えられる場合があります。俳優オーディションで重要なのは、上手に演じるのではありません。課題のセリフをどのように捉え、自分なりにイメージを膨らませて表現するようにしましょう。

◎面接

最初に自己紹介をし、面接官の質問に答えます。正直に答えましょう。ただ「体調が悪い」「足を怪我した」など言い訳は厳禁。マイナス評価になるので注意しよう。

◎即興

俳優オーディションでは、特定の情況を与えられて演技をするよう指示されることもあります。俳優としての創造力や想像力が問われます。時には突飛な状況が課題に出されることもありますが、人と違う発想で思い切り演じてください。


■ 俳優オーディションで合格するには

俳優オーディションで合格するにはどうすればいいか、という答えは存在しません。ただ俳優オーディションに合格するポイントとして、次のことが言えます。

・他人と違うことをする
・運

他人と同じような演技をしても、俳優オーディションでは合格できません。目立てばいいというわけではありませんが、他人と違うことをするのが大切です。

また俳優オーディションでは、運も重要な要素です。そのため一度や二度オーディションで落ちたからといって、簡単に諦めてはいけません。また何度もオーディションに挑戦していれば、俳優として実力不足でも合格することも珍しくありません。

そのため俳優になりたい人は、積極的にオーディションに挑戦しましょう!

【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)



ナレーターになるには

ナレーターの仕事といえば、テレビやラジオでナレーションをすることです。

ナレーターになるには、ナレーター養成の専門学校や声優養成学校、放送大学、また通信教育で発生や朗読のトレーニングをするのが一般的です。

ナレーターになるのに資格は必要ありませんが、高いスキルが求められます。またその職業柄、知識や教養を問われることも少なくありません。

ではナレーターになるには、何をすればいいのでしょうか?


■ ナレーター養成機関で学ぶ

ナレーターになるには、ナレーター養成の教育機関で学ぶのが一般的です。声優やナレーターの専門学校や、放送系の大学などが該当します。

発音や滑舌、アクセントの練習、腹式呼吸の仕方、鼻濁音の発声方法、外国語の発音など、ナレーターとしての基礎から応用までを学習します。

養成所にもよりますが、学習は幾つかのコースに分かれていることが多いです。そのため自分の希望や目的に合ったコースを選択するようにしてください。

ナレーター養成学校に入学するのに、資格は必要ありません。年齢制限を設けているところもあります。また筆記試験や実技を行う学校もあります。


■ ナレーターに向いている人

ナレーターに適している人として、以下の要素が挙げられます。

・魅力的な声をしている
・喋るのが好き
・声で自分を表現できる
・感情を込めて話すことができる
・語彙力があり、知識が豊富

ナレーターは「声」を使った仕事です。そのため自分の声に自信があり、声を使って自分を表現したいという人が、ナレーターに向いています。

またナレーターになるには発声や表現力だけでなく、暗記力や読解力も必要です。

ナレーターは長い原稿を読むこともあるので、暗記力は不可欠です。また言葉の意味が理解できなければ適切に表現できないので、読解力も欠かせません。

日頃から新聞やニュースに触れて、知識を養うことも大切です。


■ ナレーターの活躍場所

ナレーターの活躍場所といえば、放送局や番組制作会社が有名です。テレビやラジオ番組のナレーション、あるいはCMのナレーションなどの仕事です。

正社員の求人は少なく、アルバイトや業務委託での募集が大半です。

近年はインターネット上に、ナレーターの活躍場所が急増しています。ネットCMや動画コンテンツ、企業の紹介映像など、様々な仕事があります。

他にもナレーターの活躍場所として、博物館、美術館、デパート、公共の交通機関などもあります。案内のナレーションを行うのが、主な仕事になります。

ナレーターの仕事は各企業で求人募集を行われていることもありますが、大抵は芸能事務所などにオーディション募集情報として告知されることが多いです。

そのためナレーターになるには、芸能事務所に所属する方法もあります。声優やナレーター専門の芸能事務所もあるので、入所を目指してみるのもいいですね。


■ ナレーターの収入

ナレーターはサラリーマンではなく、基本的に個人事業主(フリーランス)です。そのため毎月会社から決まった額の給料がもらえるわけではありません。

仕事をこなした数に応じて収入が増減する、歩合制です。

実績も知名度もない新人のナレーターの場合、生活は大変です。新人の間は報酬が安くてもたくさん仕事をこなし、実績を作ることを心がけた方がいいでしょう。

テレビに出る有名なナレーターになると、数千万円以上の年収を稼ぐ人もいます。そういうことを考えれば、夢のある職業と言えるかもしれません。


■ ナレーターになる方法

ナレーターは実力社会なので、年齢や学歴、資格は問われません。ナレーターになるには特徴のあるいい声を持っていることと、ナレーションの才能が求められます。

そのため全くの別業界からナレーターを目指すことも可能です。

プロのナレーターになる方法として、次の道があります。

・放送局や番組制作会社に就職
・声優やナレーターの事務所に入所
・芸能オーディションに応募

ナレーターになる方法は一つではありません。やる気とスキル、才能があれば、どんな道をたどっても、ナレーターになることは可能です。

自信のある人は専門学校に通わず直接オーディションに参加することも可能ですが、基本はまず専門学校で発生や発音の技術を学ぶところから始めてください。

【日本ナレーション演技研究所】