芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
目指せ芸能界☆タレント・オーディション情報

芸能界。それは夢の世界です。このサイトを訪れた人の中には、テレビや音楽、映画の世界で活躍する芸能人に憧れ、現在タレントを目指している人もいらっしゃるかもしれません。

一言で芸能人と言っても、たくさんの職業があります。
芸能界の主な職業として、以下のようなものがあります。

・俳優  ・女優  ・アイドル ・歌手
・お笑いタレント  ・モデル  ・声優   など

当サイトでは、芸能界に憧れる人達のために、タレントになる方法や新人オーディションの情報などを提供します。夢を、夢のまま終わらせないでください。人生は小さなきっかけで大きく飛躍することがあります。このサイトが、小さなきっかけになれば幸いです。

30年の信頼と実績を誇るテアトルアカデミーでは、タレントオーディションを実施しています。
 募集ジャンルは、テレビ・映画・モデル・歌手・声優・お笑い・舞台など
芸能界でタレントデビューする方法

テレビや雑誌を見て「芸能界に入りたい」「タレントになりたい」という夢を描いている人も少なくないと思います。でも「芸能界に入るにはどうすればいいんだろ?」「タレントになるにはどうすればいいのかしら?」と疑問を抱いている人も多いでしょう。

芸能界でタレントデビューする方法としては、次のようなものがあります。


1、オーディション、コンテストを受ける

街でスカウトされるのを待っているだけではダメです。チャンスは自分から掴みにいかなければなりません。オーディションやコンテストの募集があれば、それに応募してみるのもいいでしょう。芸能界に入るきっかけになるかもしれません。

2、プロダクションに応募

ジャニーズ事務所やホリプロ、エイベックス(avex)、吉本興業など多くの芸能プロダクションが存在します。大手の芸能事務所もあれば、小さな芸能事務所もあり、俳優、音楽、お笑いと分野も多岐に分かれています。

自分に合ったプロダクションを選び、募集の広告などをチェックして履歴書を送ってみましょう。東京、大阪、名古屋といった都市でオーディションを開催している場合もあるので、電話で問い合わせてみるのも一つの方法です。

3、劇団・タレント養成所に入る

これはプロダクションとは別物です。タレントになるための専門学校のようなもので、レッスンなどを行って芸能関係の勉強をする場です。ですから劇団に入ったからタレントの仕事がもらえる、というわけではありません。しかし専門の勉強を積むことで芸能界への道が開ける可能性はあります。(劇団四季、劇団ひまわり、など)

4、スカウト

街中でスカウトマンに声をかけられて……というパターンです。中には怪しい勧誘もあるため注意しなければなりませんが、実際にこの方法でアイドルとしてデビューした人も多く存在します。スカウトされるためには、外出する際には常に身だしなみに注意を払うことが大切です。

5、その他

イベントのコンパニオンやレースクイーンから、芸能界に入った人も何人かいます。また雑誌などの読者モデルに応募してみるのもいいかもしれません。誰かの目に留まり、タレントデビューのチャンスが転がり込んでくることも考えられます。

芸能界に入ったタレントデビューすることは、決して簡単なことではありません。

しかし諦めてしまったら、そこでおしまいです。

夢を掴むには、夢に向かって突き進む勇気と積極性、行動力が不可欠です。まずはオーディションを受けて、夢の実現に一歩を踏み出してください。


【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)


芸能人・タレントのオーディション

企業に就職したりアルバイトで働いたりする際に面接を受けるように、芸能人やタレントになるにはオーディションを受ける必要があります。

もちろん街でスカウトされて芸能デビューする人もいますが、それはほんの一握りの人達だけです。一般的にはオーディションを受けて芸能界に入ります。


■ オーディションの種類

芸能界のオーディションには、大きく次の2種類に分けられます。

・入所オーディション……芸能事務所や劇団が新人タレントを募集
・出演者オーディション……映画やドラマ、劇の出演者を募集

通常、出演者オーディションは芸能事務所や劇団を通して告知されるので、芸能事務所に所属していないと受けることはできません。

そのためまずは芸能事務所や劇団が実施する入所オーディションを受けましょう。


■ オーディションの流れ

オーディションで何をやるかは各主催者によって異なります。ただ一般的に、

・1次審査……書類選考
・2次審査……面接

という形態になります。

オーディションによっては2次審査で実技や特技を披露することもあります。何かアピールできるものを持っていると、オーディションでは有利になるでしょう。

実技などでは完成度を見るのではなく、「個性」「可能性」を審査します。未熟でも構いません。照れずに自信を持ってアピールした方が、好結果につながります。


■ 熱意とやる気をアピール

芸能人・タレントになれば、常に人前で「何か」をしなければなりません。たかがオーディションぐらいでビクビクせず、勇気を持って挑戦してください。

決して上手に行う必要はありません。審査員は熱意ややる気を見ています。「芸能人になりたい」という強い気持ちをアピールするようにしてください。

オーディションで好印象を与えるポイントは、実技や面接でミスをしても謝ったり慌てたりしないこと。ヘマをするとすぐ謝る人がいますが、謝ってはいけません。

審査員は「失敗をした時にどう立て直すか」「どうごまかすか」という部分も見ています。ミスをしても平然とした表情で、堂々と振る舞ってください。


■ 挑戦することが大切

オーディションでどんなことをするのか分からない……

という人は、一度オーディションを受けてみましょう。いくら本やインターネットを調べても、実際に経験してみないことには分からないものです。

仮にそのオーディションの結果がダメだったとしても、オーディションがどういうものでどんなことをするのかが分かれば、次から対策を立てることができます。

あれこれ悩むよりも、実際に行動した方が遥かに近道です。

どうせ芸能人・タレントになれば、人前で演技をしたり芸をしたりすることになります。今のうちにオーディションをたくさん受けて慣れておくと、将来の財産になります。

オーディションをどんどん受けて、ぜひ夢をつかんでください。

【テアトルアカデミー】新人タレント研究生募集!