芸能界タレントオーディションの夢街道!

タレント、映画俳優、女優、声優、歌手、モデル…… 芸能人になる方法、芸能オーディション情報などを紹介。当サイトでは芸能人になるにはどうすればいいのか、モデルになるには何が必要か、芸能界に入る方法、タレントオーデションや子役(キッズ)オーディションに合格する方法などを解説しています。
管理者ページ 
目指せ芸能界☆タレント・オーディション情報

芸能界。それは夢の世界です。このサイトを訪れた人の中には、テレビや音楽、映画の世界で活躍する芸能人に憧れ、現在タレントを目指している人もいらっしゃるかもしれません。

一言で芸能人と言っても、たくさんの職業があります。
芸能界の主な職業として、以下のようなものがあります。

・俳優  ・女優  ・アイドル ・歌手
・お笑いタレント  ・モデル  ・声優   など

当サイトでは、芸能界に憧れる人達のために、タレントになる方法や新人オーディションの情報などを提供します。夢を、夢のまま終わらせないでください。人生は小さなきっかけで大きく飛躍することがあります。このサイトが、小さなきっかけになれば幸いです。

30年の信頼と実績を誇るテアトルアカデミーでは、タレントオーディションを実施しています。
 募集ジャンルは、テレビ・映画・モデル・歌手・声優・お笑い・舞台など
オーディションに合格して芸能界デビューを目指す

テレビやCM、映画、雑誌など、様々な場面で芸能タレントが活躍しています。華やかな彼らを見て、芸能界に憧れを持つ人も決して少なくないはずです。

「芸能界にデビューしたい。でも私なんて絶対ムリ」

と諦めている人も少なくなはずです。

芸能界に入れるのは、美男美女の特別な人だけと思ってませんか?

テレビをよく見れば、決してそうではないことが分かるはずです。


■ なんでこんな人が……?

確かに芸能界には、容姿の優れた人が大勢います。しかしそうでない人も多いです。テレビを見ていて「なんでこんな人が芸能界にいるの?」と疑問に思ったことありませんか?

ごく一部の天才を除き、大半の芸能タレントはごく普通の人です。

一般人と何も変わりません。洗練されて見えるのは芸能界の中で磨かれたからであり、デビュー当時の映像を見ると一般人と大差がないことが分かるはずです。

中には明らかに一般人よりも容姿が劣る人も大勢います。


■ 芸能人になるためには

芸能タレントと一般人の大きな違いは、「容姿」や「才能」などではありません。

芸能人になりたいという強い思いを持ち、実際に行動を起こしたかどうかの差です。

大半の人は芸能界に憧れを持っても、具体的な行動を起こしません。ものすごい美人でも芸能界に興味がなければ、タレントになろうとも思わないでしょう。

逆に容姿が優れていなくても、大して才能がなくても、芸能界に入りたいと思って行動を起こした人が、芸能界に入れるのです。そして芸能界に入ればその中で揉まれ、どんどん『芸能人』らしくなっていくのです。

才能や能力なんてものは、後からついてくるものです。

芸能人になるために一番必要なものは、勇気や積極性を持ち、夢を叶えるために行動できるかどうかなのです。


■ 大切なのは行動力

自信がなかったり、不安があったり、迷ったり、最初から諦めたり……そんな人も多いと思います。人間だから不安や迷いがあって当然です。それが普通なのです。

それを乗り越えていけるかどうかが、重要なのです。

夢があるなら、とにかく夢に向かって行動してください。『不完全な今のあなた』でいいのです。どうせ人間は完璧にはなれません。不完全なまま、行動を起こしてください。行動を起こせば不安や迷いは消え、道は開け、今よりも成長できるはずです。

夢を掴むには、夢に向かってまず一歩を踏み出すこと。

オーディションが、夢への第一歩になるはずです。

テレビ・映画・歌手・CM・舞台etc…オーディション無料


モデルの条件

美人や可愛い女の子が、必ずモデルになれるわけではありません。モデルの適性については厳密な基準がないので、話をするのは難しいところです。

ただ一般的な条件は幾つかあるので、挙げておきます。

・顔が小さいこと
・目鼻立ちがはっきりしていること
・目に人をひきつける力があること
・鼻筋が通っていること
・手足が細くて長いこと


中でも一番重要と言われているのが、顔が小さいことです。ただこれは一般的な条件であり、全てに適合していなければモデルになれないということではありません。

そしてモデルに求められるのは、美人であることではありません。たとえ美人でなくても、印象的で魅力的な顔が、モデル向きの顔と言えるでしょう。


■身長について

モデルになるには、やはり背が高い方が有利です。一般的な基準としては、

・女性……165cm以上
・男性……180cm以上


もちろん、背の低いモデルも大勢いるので、上記の身長に及ばないからモデルになれないというわけではありません。あくまでも一つの目安として考えてください。

モデルに求められるのは、カメラ映りが良くて、自分の個性を表現できる人物です。たとえ身長が低くても、自分の個性を表現できる人はモデル向きと言えるでしょう。


■ 美に関心の強い人 

プロのモデルになるには、美に対して高い意識を持つ必要があります。

食事や運動、健康管理、肌のお手入れなど、日々の努力が欠かせない職業です。いくら美人でも美に対する意識が低い人は、モデルに不向きです。

美に対して強い関心を持ち、努力できる人がモデルに適しています。


■ 行動力

モデルになるためには行動力も不可欠です。

一部の人気モデルは別として、一般的にモデルはたくさんのオーディションを受けて合格しないと仕事を得られません。現実のモデル業は、地味で地道な努力が必要なのです。

オーディションも何度も不合格になることは珍しくないし、挫けそうになることも多いでしょう。それでも諦めずに行動できる人が、プロのモデルとしてやっていけるのです。

モデルは人気の高い職業で、誰でも簡単になれるものではありません。それだけに諦めずに積極的に行動できるタフな人がモデルに適しています。